レヴァンドフスキにまだ年齢的な衰えはきていないか 36歳で迎える来季への自信「あと2年はトップレベルでプレイできる」

バルセロナでプレイするレヴァンドフスキ photo/Getty Images

来季レアルからリーグタイトルを奪う原動力となれるか

バルセロナFWロベルト・レヴァンドフスキは今季もリーグ戦で18ゴールを挙げたが、年齢的には35歳と大ベテランの領域に入っている。パフォーマンスレベルに疑問の視線が向けられる機会も増えてきた印象だが、レヴァンドフスキ自身は変化がないと自信を口にする。

スペイン『Mundo Deportivo』によると、レヴァンドフスキはのフィジカルコンディションはここ3、4年と変化がないようで、来季はバルセロナでタイトルを獲得できると確信している。

「今はとても調子がいいよ。3、4年前と何も変わらない。トレーニングも同じだ。少なくともあと2年はトップレベルでプレイできるよ。調子が悪いと分かったら、真っ先にそう言うしね。15年前からこうしたトレーニングを始めていて、食事面を含めあと2、3年プレイできるように、自分のコンディションを整えるようにしている」
「バルセロナで多くのことを勝ち取りたいと思っているし、来季はもっと力強いプレイでタイトルも獲得できると確信している。常にベストを尽くしたいんだ。自分だけでなく、チームメイトのためにもね。バルセロナは常に僕の心の中にある。チームとクラブにもっと多くのものを提供したい」

来季はライバルのレアル・マドリードにFWキリアン・ムバッペが加入するとの見方もあり、相手はますます強力なチームとなる。8月に36歳を迎えるレヴァンドフスキは重要なゴールゲッターとなるが、来季どこまで数字を上げられるだろうか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ