マンCから王座を奪うことができるか 逆転での “20年ぶりタイトル”に向けアーセナル指揮官アルテタが意気込み 「夢はまだ生きている」

アーセナルの指揮官アルテタ photo/Getty Images

エヴァートンと対戦

プレミアリーグのタイトル争いは最終節の結果に委ねられた。前人未到の4連覇を目指すマンチェスター・シティと20年ぶりのリーグタイトルを狙うアーセナル。優勝がかかる両チームの戦いは大きな注目を集めている。

現在首位に立つのは勝ち点88のシティだ。アーセナルは勝ち点差2で2位となっており、逆転優勝にはシティがウェストハム戦で勝ち点を落とす必要がある。

アーセナルがエヴァートンに勝つことが大前提ではあるが、シティが引き分け以下に終わればアーセナルがタイトル獲得となるため、まだ十分に可能性はある。ウェストハムの力も必要なアーセナルだが、指揮官のミケル・アルテタは英『BBC』にて逆転優勝への意気込みを語った。
「私は信じている。私たちはこのポジションにいたかったんだ。試合終了後にトロフィーを掲げることができるという希望と大きなチャンスを胸に、日曜日にサポーターの前で美しい一日を過ごす権利を得た。私たちは日曜日に美しい一日を過ごす可能性があり、夢はまだ生きている。まだ可能だ。それがフットボールなのだから、その瞬間を生きなければならない」

昨シーズンは終盤に怪我人が出たこともあって、シティとのタイトルレースに敗れたアーセナル。しかし昨年の悔しさを糧にアーセナルは再びタイトルまであと一歩のところに来ている。20年ぶり悲願のリーグタイトルに向け、アルテタ・アーセナルはエヴァートンに挑む。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ