“イングランド4部”からの昇格でファンがピッチ乱入のお祭り騒ぎ 5部から始まったプレミアリーグを目指す旅

また歓喜のシーズンを味わったレクサムのサポーター photo/Getty Images

2シーズン連続の昇格劇

夢のプレミアリーグまで道のりは長いが、13日にイングランド4部相当となるリーグ2でお祭り騒ぎがあった。レクサムFCが見事にリーグ1昇格を決めたのだ。

レクサムはハリウッドスターのロブ・マケルヘニー氏とライアン・レイノルズ氏が2021年より共同オーナーを務めており、昨季はイングランド5部相当となるナショナルリーグで勝ち点111を稼いで昇格を勝ち取った。つまり、今季と合わせて2シーズン連続で昇格を勝ち取ったことになるのだ。

リーグ2は上位3チームに昇格権が与えられるレギュレーションとなっており、2位につけるレクサムは13日にホームでフォレストグリーン・ローヴァーズと対戦。見事に6-0と大勝を収め、3位以内を確定させた。
昨年には英『BBC』にて共同オーナーの1人であるレイノルズ氏が「計画は今もこれからも、プレミアリーグ昇格だ。具体的にいつ昇格するかは分からないが、5部からでもプレミアへ行くことは可能なのだろう?」とコメントしていたが、この2シーズンは順調にステップアップしている。

昨季は5部でノッツ・カウンティと激しい優勝争いを繰り広げていたが、そのノッツ・カウンティは今季昇格したリーグ2で14位に沈んでいる。それを考えれば、レクサムが昇格1年でリーグ1への昇格を勝ち取ったのは見事だ。

フォレストグリーン戦後には、サポーターがピッチへと流れ込んだ。プレミアリーグまで道のりは険しいが、レクサムの冒険は続く。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ