ベストイレブン中“7人”はPSVから 26戦無敗、《81ゴール13失点》の快進撃は止まらない

エールディヴィジ首位を快走するPSV photo/Getty Images

このまま無敗でリーグを制する可能性も

ここまでオランダ・エールディヴィジは26試合を消化し、首位を走っているのはPSVだ。その成績は23勝3分0敗と圧倒的で、残り8試合の段階で未だ無敗を維持している。81ゴール13失点と攻守のバランスも抜群で、今季のPSVは他クラブを一段か二段上回っている印象だ。

データサイト『WhoScored』はここまでのパフォーマンスの平均採点をベースにエールディヴィジ・ベストイレブンを作成しているが、11人中7人がPSVから選出されている。

センターバックにオリヴィエ・ボスカリ、右サイドバックにジョルダン・ティーゼ、左サイドバックにセルジーニョ・デスト、ボランチにはヨエイ・フェールマン、ウイングにヨハン・バカヨコ、イルビング・ロサノ、最前線のルーク・デ・ヨングの7人で、その評価はいずれも高い。
特にベテランのデ・ヨングは得点ランク2位となる22ゴール、さらにアシストランクでもデ・ヨングはチームメイトのフェールマンと並ぶ最多11アシストを記録。アシストランクでは右ウイングのバカヨコもランキング第5位となる8アシストを記録していて、26戦81ゴールのPSV攻撃陣は脅威だ。

まだ2位フェイエノールトが勝ち点差10で懸命に喰らいついているが、今のところPSVが大きく崩れる気配はない。このまま無敗でリーグを制する可能性もありそうで、今季のエールディヴィジを完全に支配している。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ