「プランBでもなくなっている」 マンUからフランクフルトへと脱出したMFの立場が早くもピンチに

フランクフルトにレンタル移籍しているファン・デ・ベーク photo/Getty Images

レンタル先でも目立った結果は残せず

マンチェスター・ユナイテッドでまったくと言っていいほど出番がなく、今冬にフランクフルトへのレンタル移籍を決断したMFドニー・ファン・デ・ベークのキャリアはどうなるのだろうか。

マンUのベンチに座っていた頃と比べれば、レンタル先のフランクフルトでは多少出番は確保できている。しかし、この2か月でプレイタイムは320分に留まる。2月からはベンチに座ったまま出番がなかった試合が4試合もあり、フランクフルトでも思うように出番は増えていないのだ。

独『Bild』によれば、フランクフルトがファン・デ・ベークを完全移籍で買い取る可能性はかなり低いという。マンUで試合に出ていなかったことも、コンディション調整に悪い影響を与えているのかもしれない。いずれにしても、現状はフランクフルトでも中盤の1番手にはなれないのだ。
「ファン・デ・ベークの調子は理解していたが、それでもフランクフルトの期待は大きかった。しかし、現状は期待に応えられぬままプランBでもなくなっている。ファン・デ・ベークが今すぐにでも流れを変えられないのであれば、フランクフルトが買取オプションを行使することはないだろう」

前線の選手でないとはいえ、ここまでフランクフルトでファン・デ・ベークは得点もアシストも決めていない。今のところアピールに成功しているとは言えない状態で、評価は何とも難しいものとなっている。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ