速すぎる前田大然のプレスは「世界最高の1つ」 セルティックのチームメイトも絶賛する強烈プレッシング

北朝鮮戦でも勝利に貢献した前田 photo/Getty Images

DFにとっては悪夢のプレス

21日に2026北中米ワールドカップ・アジア2次予選で北朝鮮代表と対戦し、ホームで1-0の勝利を収めた日本代表。

このゲームでも圧倒的な運動量とスピードでプレスをかけ続けてくれたのが、セルティック所属のFW前田大然だ。

前線からの猛烈なプレスでボールを奪い取ってしまう前田の姿はお馴染みのもので、北朝鮮戦でも良いボール奪取があった。あのスピードと運動量にはどんなDFも手を焼くだろう。
英『Football Scotland』によると、セルティックのチームメイトであるDFグレッグ・テイラーも前田を高く評価する。テイラーは前田のプレッシングを世界トップクラスと絶賛するのだ。

「僕はダイゼンの大ファンだし、彼を過小評価するなんてことはないよ。彼はチームにとってフレッシュな存在で、常にチームのためにハードワークしてくれる。彼のプレッシングは世界最高の1つと思う」

森保ジャパンでは前田、浅野、伊東純也らスピードスターの奮闘が目立っていて、彼らの存在があったからこそワールドカップ・カタール大会でもドイツ、スペインを撃破できた。特に前田のプレスとスピードは強豪相手との戦いで活きてくる。今の代表に絶対欠かせないアタッカーの1人だろう。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ