人気銘柄を巡ってマンチェスター・ダービー? 注目のオリーセは夏の争奪戦必至か

多くのクラブが狙うオリーセ photo/Getty Images

今季は6ゴール3アシスト

クリスタル・パレスに所属するMFマイケル・オリーセ(22)は多くのビッグクラブが欲しがる選手の1人だ。

昨夏にはチェルシーが獲得に動いていたが、最終的には移籍は実現せず。パレス残留を決断したオリーセは2027年6月までの契約延長を果たした。しかし、この契約延長には夏から有効となる契約解除条項がついているという。

そのため、多くのクラブが関心を示しているが、英『THE Sun』によるとマンチェスター・シティとマンチェスター・ユナイテッドの2クラブが強い関心を示しており、この2クラブによる争奪戦になることが予想されているとのこと。
シティは夏の移籍のターゲットとして6000万ポンド(約112億円)以上の投資を考えており、金銭は問題ではないと考えているようだ。一方のユナイテッドはオリーセを移籍のトップターゲットとしており、獲得に本腰を入れる可能性が高い。

昨シーズンは、プレミアリーグ37試合で2ゴール11アシストを記録し、今シーズンは怪我の影響で十分に出場できていないが、11試合で6ゴール3アシストを記録している。

チェルシーがまた夏に獲得に動いたり、他のクラブも参戦してくる可能性が高いオリーセ争奪レース。夏にビッグクラブへのステップアップを果たす可能性の高い同選手だが、今後の動きに注目だ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ