アウェイでの《6勝2失点》は5大リーグ最高の成績? アウェイに強いインテルはナポリをも圧倒

ナポリに3-0で勝利したインテル photo/Getty Images

3-0の大勝を飾る

セリエA第14節でナポリと対戦したインテル。上位対決は大きな注目を集めたが、インテルが圧巻のパフォーマンスを見せた。

前半は両者譲らぬ戦いを見せていたが、終了間際の44分にMFハカン・チャルハノールが強烈なミドルシュートを突き刺し、インテルが先制。ナポリもFW​クヴィチャ・クワラツヘリア​やFWヴィクター・オシムヘンを中心にインテルゴールに迫るも、ネットを揺らせない。

すると、61分FWラウタロ・マルティネスのパスをMFニコロ・バレッラが受けると、PA内で華麗に相手をかわし追加点をマークする。攻撃の手をゆるめないインテルは、85分にMFフアン・クアドラードの絶妙のクロスをFWマルクス・テュラムがゴールを決め、試合を決定させる。
インテルは今シーズン、リーグのアウェイでの試合で6勝を飾っており、失点数は2点のみだ。英『Daily Mail』によると、この記録は5大リーグの中で最多勝利であり、最小失点だという。現5大リーグでアウェイ戦は最強となっているインテル。

アウェイでの勝負強さをナポリ戦でもみせ、3-0で勝利を飾った。これでセリエA14試合を終えて、11勝2分1敗で首位に立つインテル。2位のユヴェントスとは勝ち点差2となっているが、インテルは33得点7失点という圧巻の成績をここまで残している。

2020-21シーズンぶりのスクデッドに向けてここまでインテルは最高のスタートを切っている。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ