アザールが1285回で2位、1位のメッシは驚異の“2358回” 06-07以降のドリブル成功数ランキングが異次元だった

バルセロナ時代のメッシは止められなかった photo/Getty Images

メッシ以上のドリブラーは出てこないか

度重なる怪我もあり、10月に現役引退を決断した元ベルギー代表FWエデン・アザール。2007年にリールの一員としてプロデビューした頃より、アザールの武器となっていたのがドリブルだ。

データサイト『Opta』によると、アザールは5大リーグの戦いにて合計1285回のドリブルを記録している。これは2006-07シーズン以降では第2位となる数字だという。

そんなアザールをも上回る1位は、バルセロナとパリ・サンジェルマンで活躍した現インテル・マイアミFWリオネル・メッシだ。もはやメッシのドリブルは説明不要な領域にあるが、2006-07シーズン以降では何と2358回ものドリブルを成功させている。2位のアザールと倍近い差がついており、改めてメッシの凄さが分かってくる。
ちなみに第5位はFWウィルフリード・ザハで972回、4位はFWネイマールで984回、3位はFWフランク・リベリで1061回と続く。

メッシの他に印象的なのは、2013年にサントスから欧州にやってきたネイマールの数字か。このランキングは2006-07シーズン以降の数字となっているため、2013年に欧州へ出てきたネイマールは期間的にやや不利だが、それでも4位に入ってくるのは見事だ。

このうちメッシとネイマールは欧州を去り、ザハも5大リーグではないトルコのガラタサライへと移籍した。リベリとアザールはスパイクを脱いでいるため、5人とも5大リーグを離れたことになる。

ドリブラーも世代交代の時だが、15年ほどで2000回以上もドリブルを決めてくるメッシ級の怪物ドリブラーは今後出てくるだろうか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ