ムバッペ擁するフランス代表を止める術はあるのか 代表のリーダーとなったムバッペを抑えるのは難しすぎる

オランダ戦で圧巻のゴールを決めたムバッペ photo/Getty Images

W杯に続いてEUROの頂点へ

昨年のワールドカップ・カタール大会終了後より、フランス代表ではFWキリアン・ムバッペがキャプテンマークを任されるようになった。

チームにはFWアントワーヌ・グリーズマンやオリヴィエ・ジルーなど経験豊富な選手も多いが、24歳にしてムバッペもリーダーの1人だ。所属するパリ・サンジェルマンではややお騒がせな一面もあるが、今後は落ち着いたリーダーとしての振る舞いが求められる。

代表監督ディディエ・デシャンも、ムバッペにさらなる自覚を求めているのだろう。前回のEURO2020でも中心メンバーではあったが、前回大会では良いところがなかった。ムバッペは無得点で大会を終えており、チームもベスト16でPK戦の末スイス代表に敗れた。PK戦で唯一失敗してしまったのもムバッペだ。
当時は気持ちが空回りしていた印象もあり、ムバッペにとって悔しい大会となってしまった。あれから3年の時を経て、代表のリーダーとなったムバッペはチームを欧州の頂点に導けるだろうか。すでにワールドカップのタイトルは獲っているため、来夏のEURO制覇でムバッペは早々に代表の2大タイトルを手にすることになる。

13日に行われたEURO2024予選・オランダ戦では、得意の左斜め45度からのミドルシュートを含む2ゴールでチームを2-1の勝利に導いた。その実力は異常な領域に達しており、来夏のEUROでも実力&注目度No.1FWとなるのは間違いない。

現時点でフランス代表は優勝候補筆頭と言えそうで、代表のリーダーへと成長したムバッペがドイツの地でどんなパフォーマンスを見せてくれるのか楽しみだ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.295 なでしこ、飛翔せよ!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ