イングランド代表初招集のエンケティア 進化を見せるストライカーのメンタリティを指揮官アルテタも絶賛

イングランド代表に初招集されたエンケティア photo/Getty Images

今季2ゴールをマーク

プレミアリーグ第4節でマンチェスター・ユナイテッドに劇的逆転勝利を果たしたアーセナル。20年ぶりの優勝に向けてここまで4試合を終えて、3勝1分といいスタートを切っている。

そんなアーセナルで2ゴールをマークしているのが、ストライカーのFWエディ・エンケティアだ。FWガブリエウ・ジェズス不在の中、結果を残しているエンケティアは9月のEURO2024予選のウクライナ戦とスコットランドとの国際親善試合のメンバーに選ばれている。

各年代のイングランド代表のメンバーには選出されていたエンケティアだが、A代表のメンバーに選出されたのは今回が初だ。
イングランド代表に初招集されたストライカーに対して、アーセナルの指揮官ミケル・アルテタは「とても嬉しい。イングランド代表にふさわしい選手がいるとしたら、それは彼だ」と喜びのコメントを残している。

また、進化を続けるエンケティアのメンタリティをアルテタ監督は気に入っているようだ。

「彼のメンタリティ、仕事ぶり、試合をどれだけ愛しているか、そのレベルで認められるためにハードに戦ってきたことを愛している。この国でプレイすることは驚異的なことだ」

「私が最も気に入っているのは彼のメンタリティであり、これは進化し続けている。なぜなら彼は決して満足しないからだ。一度もない。そしてそれが彼のやり方だ」(英『Football 365』より)

またアルテタは、ボールポゼッション時の特定の局面での意思決定の部分が改善しているとコメントしており、24歳のストライカーに期待を寄せている。

エンケティアと同ポジションには、アーセナルではジェズスやカイ・ハフェルツ、レアンドロ・トロサール、代表ではハリー・ケインといった錚々たるメンバーがいる。

指揮官も絶賛するメンタリティを持つエンケティアが今シーズン、アーセナルとイングランド代表でどのような成長を遂げるのか注目だ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ