チェルシーに放出の意思はないが…… ブライトンがコルウィル買取へ再チャレンジ

移籍はあるか photo/Getty Images

今季ブライトンで主力に

今季はプレミアリーグで躍進を遂げたブライトン。6位でシーズンを終了しており、UEFAヨーロッパリーグの出場権を獲得した。

そんなブライトンは、来季に向けて主力陣の慰留も今夏の大きな仕事となるだろう。すでにアレクシス・マックアリスターのリヴァプールへの移籍が決定。モイセス・カイセドも放出が既定路線となっている。

そこで注目を集めるのが、レヴィ・コルウィルの来季だ。今季はチェルシーからブライトンへ期限付き移籍すると、リーグ戦17試合に出場。ブライトンで評価を上げており、クラブは来季もチームに残したいと考えているだろう。

実際に英『Sky Sports』によれば、ブライトンは一度オファーを提出したものの、チェルシーはそれを拒否。ブライトンでの活躍を評価しており、チェルシーとしては完全移籍での放出は考えていないようだ。

それでもブライトンは再チャレンジするつもりで、移籍金は4000万ポンドとも。ブライトンの本気度が窺えるが、チェルシーはオファーに応じるのだろうか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ