エジル、ハメス、モドリッチ、スナイデル……《レアルNo.1司令塔》は誰だ 際立つエジル圧巻の81アシスト

レアルで活躍したエジル photo/Getty Images

ドイツが生んだ天才チャンスメイカーのキャリア

22日、元ドイツ代表MFメスト・エジルが現役引退を表明した。

キャリアの中でも最高の状態にあったのは、やはりレアル・マドリード在籍時だろう。レアルでは通算159試合で27ゴール81アシストの成績を残しており、アシスト数は印象的だ。

その活躍を受け、スペイン『as』はエジル、ウェズレイ・スナイデル、ルカ・モドリッチ、ハメス・ロドリゲス、イスコの中で最高のチャンスメイカーは誰かと問いかけている。いずれもレアルで活躍してきた名MFであり、モドリッチは今も主力として活躍を続けている。
全員同じタイプというわけではないが、アシスト数からエジルを評価するファンも多いのではないか。当時はクリスティアーノ・ロナウドと抜群の連携を見せており、ジョゼ・モウリーニョに率いられた当時のレアルはクラブ史上最高クラスの攻撃力を誇っていた。

スナイデルはその後インテルでモウリーニョとタッグを組んで3冠を達成しており、スナイデルもモウリーニョの監督史を振り返るうえで欠かせないチャンスメイカーだ。エジルかスナイデルか、このあたりは評価が難しいか。

エジルはアーセナルでプレイしていた2015-16シーズンにリーグ戦19アシストを記録し、チャンスメイク数はこのシーズンだけで146回を数えた。このチャンスメイク数は、データサイト『Opta』が集計を取り始めてからではプレミアリーグ最多の数字だという。

2019-20シーズンのマンチェスター・シティMFケビン・デ・ブライネ(136回)、2015-16シーズンのウェストハムMFディミトリ・パイェ(119回)の数字をも上回っており、デ・ブライネをも超えてくるあたりはさすがエジルといったところか。

21世紀を代表するチャンスメイカーなのは確かで、レアル時代とアーセナル時代、ドイツ代表でのパフォーマンスは別格だったと言える。

現在のモドリッチも人気だが、レアルでのピーク時のパフォーマンスではエジルの方が上かもしれない。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ