チアゴ・シウバは来季もチェルシーの最終ラインに君臨する? 契約延長に向け交渉開始

来季もチェルシーでプレイする姿が見られるのか photo/Getty Images

チェルシーの立て直しにチアゴ・シウバはまだまだ必要

昨年9月に38歳の誕生日を迎えたにもかかわらず、今季もチェルシーのディフェンスラインに君臨しているDFチアゴ・シウバ。クラブとの契約は今季限りとなっているが,チェルシーは彼との契約延長を望んでいるようだ。
 
2020年夏にパリ・サンジェルマンからチェルシーへと移籍し、初年度からチャンピオンズリーグ制覇にも貢献したT・シウバ。今季はDFアントニオ・リュディガーやDFアンドレアス・クリステンセンといったチームメイトがいなくなったが、代わりにDFカリドゥ・クリバリやDFウェズレイ・フォファナといった新戦力が加入。1月にはDFブノワ・バディアシルも加わり、センターバックの組み合わせはさまざまだが、そんな中でもT・シウバは替えの効かない存在として先発出場を続けている。
 
英『The Athletic』によると、現在チェルシーは少なくとももう1年はT・シウバに残って欲しいと考えているようで、新契約を結ぶために交渉を開始したという。T・シウバは昨年10月の時点で「家族のためにも新契約を結ぶのかどうか知っておく必要がある」「新契約を結ばないとなればどうするか決めなければならないし、家族も巻き込むことになるから簡単なことではない」と同メディアに明かしていたようで、よほどの問題がなければチェルシーに残ると考えられる。
 
今季はシーズン途中から就任したグレアム・ポッター監督の下、リーグ10位と苦しんでいるチェルシーだが、ある程度の改革を終えた来季こそはエンジン全開でシーズンに臨みたいところ。そこにT・シウバがいるかいないかで大きく結果は異なると予想されるため、彼との契約延長は新戦力を獲得することよりも重要だろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.277 激闘プレミア後半戦

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ