もうレアルに“アラバの後継者候補”はいる? 国王杯ベンチ入りで注目された19歳の逸材

レアルのアカデミーより出てきたマルベル photo/Getty Images

CBとSBをこなせるレフティーと注目

3日に行われたスペイン国王杯・ラウンド32でカセレーニョと対戦したレアル・マドリード。FIFAワールドカップ・カタール大会終了間もないことや、国内カップ戦ということもあり、ベンチメンバーにはフレッシュな顔ぶれが並んだ。

バレンシアなどで活躍したサンティアゴ・カニサレス氏の長男であるルーカス・カニサレス(20)、ルイス・フェデリコ・ロペスのGKコンビ、MFセルヒオ・アリーバス(21)、192cmのサイズを誇るFWアルバロ・ロドリゲス(18)、MFニコラス・パス(18)らカスティーリャ組もベンチに入っていたが、その中でもスペイン『Relevo』が注目したのが19歳のDFマルベルだ。

今回のカセレーニョ戦で出番はなかったが、U-19カテゴリーのコーチはマルベルについて「マルベルはアラバに最も近い。サイドでもプレイできる左利きのセンターバックだ。後ろからボールを運ぶプレイにも自信があり、フィジカルも成長してデュエルに強い」とダビド・アラバと比較する。
レアルの最終ラインで不動の存在となっているアラバは、複数ポジションをこなす現サッカー界最高クラスのユーティリティプレイヤーだ。レフティーという特長も共通点で、マルベルが将来的な後継者となれるのであれば大きい。

セルヒオ・ラモス、ラファエル・ヴァランの退団には上手く対応したが、アラバは30歳、アントニオ・リュディガーは29歳、さらには心強いバックアッパーDFだったナチョ・フェルナンデスも今月の18日で33歳を迎える。今すぐといいうわけではないが、レアルの最終ラインには再び世代交代のタイミングがやってくる。エデル・ミリトンを軸としつつ、その相棒となる選手が必要だ。そこにカスティーリャ出身の若手が食い込めれば理想的だ。

マルベルはセンターバックとサイドバックをこなす器用なDFと評価されているようだが、トップチームに食い込んでいけるだろうか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ