W杯での伝説を作る男の晴れ舞台だった? 20年ぶりの快挙を達成したポルトガルのスター候補

デビュー戦でハットトリックのラモス photo/Getty Images

ラモスのハットトリックでスイスを撃破

FIFAワールドカップ・カタール大会の決勝トーナメント1回戦でスイスに圧倒的な力を見せつけたポルトガル。チームの6ゴールの半分を叩き出したゴンサロ・ラモスが、新たなヒーローとなるかもしれない。

クリスティアーノ・ロナウドに代わって3トップの中央に入るという大役を任されたラモス。しかしそんなプレッシャーをものともせず、17分に先制点となるゴールを挙げると、後半にも2得点を決めてハットトリックを達成する。ワールドカップ初出場となった試合でセンセーショナルなデビューを飾った。

データサイト『Opta』によれば、W杯初出場の選手がハットトリックを決めたのは、2002年の日韓大会以来20年ぶりの快挙だ。グループステージでのドイツとサウジアラビアの一戦で初出場したミロスラフ・クローゼがハットトリックを記録している。
その後W杯の最多得点記録を更新するにまで至ったクローゼ。彼のようにラモスもこれからW杯での伝説を作る男になるかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.277 激闘プレミア後半戦

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ