主力奪取に日本代表初招集の2022年 最高の締めくくりへ水沼宏太がJ1制覇を狙う

積極的な姿勢でゴールに迫る photo/Getty Images

今季J1では19試合で先発出場

J1優勝に向けて横浜F・マリノスは最終節でヴィッセル神戸と対戦する。勝点2差で迎える今季の最終ゲームは、どんなクライマックスが待っているだろうか。そんな横浜FMで攻撃の一角を担う男が水沼宏太だ。

昨季は途中出場から結果を残す切り札としてチームを支えた水沼。J1で36試合に出場して3ゴール9アシストを記録するものの、スタメン出場はわずか1試合だった。しかし今季は右サイドハーフでレギュラーとして地位を確立し、先発の機会が増加。J1で30試合出場のうち19試合が先発で出ている。

さらにゴール数も伸ばしており、今季は「7」。第32節で敵地に乗り込んだ名古屋グランパス戦ではスタメン出場して2ゴールを奪う活躍を見せ、4-0の完勝に貢献。その後は連敗を喫するも、第33節の浦和レッズ戦でも、積極的な仕掛けからシュートがエウベルの先制点につながるなど、チームに勢いをもたらした。
今季はE-1選手権で日本代表にも選出されるなど、32歳で飛躍のシーズンとなった。最高の1年を締めくくるには、最後にリーグタイトルが必要だ。勝利すれば文句なしの状況で、水沼がチームの右サイドを支える。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.277 激闘プレミア後半戦

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ