「チートコードのような存在」「天賦の才を持っている」 約47分ごとに1ゴール、8試合14点挙げるハーランドは止まらない

9番を背負うアーリング・ハーランドは誰にも止められない photo/Getty images

全ての記録を塗り替えるのか

マンチェスター・シティは2日にマンチェスター・ユナイテッドと対戦。今季初のダービーマッチとなり、シティは序盤からゴールを積み重ね最終的に6-3と快勝でゲームを締めくくった。シティはこれで無敗を継続。首位アーセナルとの差も再び1に縮めており、ピッタリと後ろについている。

素晴らしい大勝となったこのゲームで輝きを放ったのは、アーリング・ハーランドだ。今季からプレミアリーグ初挑戦のストライカーで、移籍当初はブンデスリーガからプレミアリーグに適応するまでどれだけの時間が必要なのかといわれていたが、その心配はなくすでに完璧に適応している。

ユナイテッド戦では3ゴール2アシストの大暴れとなった。前半だけで2ゴールを記録しており、51分にセルヒオ・ゴメスのクロスに合わせて追加点をゲット。これで今季プレミアリーグでは8試合で14ゴールだ。得点ランキングではもちろんトップで、2位ハリー・ケイン(7ゴール)との差はかなり広がった。プレイタイムは665分で、1ゴールにかかる時間は約47分と衝撃的な数字が出た。
ユナイテッド戦では2アシストと味方にゴールを取らせる術を持っていることを証明した。素晴らしかったのはフォーデンへの高速クロスであり、チームメイトであるケビン・デ・ブライネを彷彿とさせる精度とアイデアであった。

当たり前ではあるが、各メディアでのハーランドへの評価は高い。英『90min』では最高評価となる満点の10点を付け「チートコードのような存在、ユナイテッドは答えを見つけられなかった」と大絶賛。英『Manchester Evening News』では「誰も対処できない天賦の才を持っている」とコメントを付けている。

終盤の失点は気になるが、ここまでの強力な攻撃力を持つチームを止められるクラブはあるのか。昨季はレアル・マドリードにCLで敗れたが、今季は未だ無敗であり、17日のリヴァプール戦は注目のゲームになるといえる。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.275 カタールW杯GS展望

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ