アントニー活躍のカギはSBのクオリティ次第? サンチョ以来となる“ゴールもアシストもできる男”はプレミアで通用するのか

マンチェスター・ユナイテッドに加わったアントニー photo/Getty images

1億ユーロでやってきた

マンチェスター・ユナイテッドが総額1億ユーロ(日本円にして約138億円)でアヤックスのアントニーを獲得したと発表した。契約期間は5年で、さらに1年の延長オプションがあるという。現時点で今夏ユナイテッドが獲得した選手の中で最も高額な移籍金が支払われた。

アントニーは右サイドを主戦場とする左利きのレフティで、昨季のアヤックスでは33試合で12ゴール10アシストを記録している。ユナイテッドは[4-2-3-1]を採用しており、おそらく右サイドハーフで起用されることになる。そのポジションは昨季の夏にやってきたジェイドン・サンチョがいるが、彼が左に回ることになるか。

英『The Athletic』ではアントニーの強みを解説し、彼が何をユナイテッドにもたらすのか考察している。
スタイルとしてはサイドでプレイするドリブラーだ。より得点に絡めるアタッカーであり、攻撃の前進方法としてはドリブルよりもパスの割合が多い。キープ力は高く、狭いエリアを苦にしないテクニックを持っている。また守備も怠らず、現代的なFWとしてアヤックスに育てられた。

昨季の数字が示したように自らゴールを奪うこともでき、味方に取らせることもできる。左足から放たれる高精度のラストパスが魅力で、クリスティアーノ・ロナウドやアントニー・マルシャルといったフィニッシャーと交わればその攻撃力は倍増する。

アヤックス時代は右サイドでバイエルン・ミュンヘンへ移籍したヌサイル・マズラウィとコンビを組んでいた。非常に相性が良く、同紙ではディオゴ・ダロトでその役割が務まるのか疑問視されている。スプリントとアタッキングサードでの質が物足りないと指摘されており、今季ダロトが新監督を納得させられるパフォーマンスを披露できなければ今後右SBの補強はあるかもしれない。

アントニーはユナイテッドでは珍しいゴールもアシストもできるアタッカーだ。サンチョもボルシア・ドルトムント時代はそうだったが、昨季は3ゴール3アシストに終わっている。それはサンチョ自身の実力なのか、周りのサポート不足なのか分からないが、アントニーも同じ道を歩まないように期待したい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.277 激闘プレミア後半戦

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ