すでに2敗のチェルシーはデ・ヨング獲得を諦めず 本人はバルサ残留を希望もオバメヤンとの二枚獲りは実現するか

デ・ヨングの動向に注目だ photo/Getty Images

デ・ヨングにオファーを提出と英紙

移籍マーケット閉幕まであと1日となっているヨーロッパサッカー界は、現在さまざまな移籍の噂が飛び交っている。そんな中、積極的な選手の入れ替えを行っているチェルシーは、さらなる補強を目指しているようだ。

トップターゲットとして挙げられるプレイヤーがバルセロナのフレンキー・デ・ヨングだ。英『Mirror』によればチェルシーがバルセロナへオファーを提出したと伝えられており、いまだ交渉を続けていると報じられている。

当初からデ・ヨングにはエリック・テン・ハーグ監督が率いるマンチェスター・ユナイテッドが交渉を続けてきたものの、獲得するには至らず。チェルシーも獲得レースへと参戦しているが、いまだ移籍の動きは見られていない。一時期はバルサ退団を望んでいるといわれていたデ・ヨングだが、スペイン『SPORT』などで本人は残留を希望していると伝えられ、移籍の話は収束するかと思われた。
そんな中、チェルシーはデ・ヨング獲得を諦めずオファーを出した様子。すでにプレミアリーグで2敗を喫しているブルーズは、ピエール・エメリク・オバメヤンも獲得に近づくなど、終盤において大型補強を行うかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.277 激闘プレミア後半戦

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ