オランダに名将出てこない問題 スタム、V・ブロンクホルスト、V・ボメル、カイトら続々進む指導者への道

監督として顔を合わせたファン・ニステルローイ(右)とファン・ブロンクホルスト(左) photo/Getty Images

ファン・ハールの後継者が欲しい

16日、チャンピオンズリーグ・プレイオフでスコットランドのレンジャーズとオランダのPSVが対戦した。

レンジャーズを指揮しているのはジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト、PSVを指揮しているのはルート・ファン・ニステルローイだ。両者はオランダ代表で一緒にプレイしていた関係で、EURO2004や2006年のワールドカップを戦ってきた。今は両者とも指導者の道に進んでおり、今回は指揮官として顔を合わせることになったわけだ。

オランダサッカー界にとって優秀な指揮官輩出は大きな課題だ。現在はベテランのルイ・ファン・ハールがオランダ代表を指揮しているが、後継者らしい人物が見当たらない。EURO2004を戦ったメンバーの多くが指導者の道に進んでいるのだが、ほとんど結果が出ていないのだ。

例えばDFヤープ・スタムは2016年にレディングの指揮官としてスタートしたが、その後指揮したPECズヴォレ、フェイエノールト、アメリカのFCシンシナティでも結果が出ず。フェイエノールトでも勝率は38.9%、シンシナティでは17%まで落ち込んだ。今のところ名将ルートには入っていない。

クラレンス・セードルフはミランで本田圭佑のボスにもなったが、結果はご存知の通り。その後のデポルティーボ、カメルーン代表でも結果は出なかった。

フランク・デ・ブールはエールディヴィジでこそ結果を出したが、デ・ブールはインテル、クリスタル・パレスでは大失敗。EURO2020ではオランダ代表を指揮したが、結果はベスト16敗退だった。5大リーグでは結果が出ていない。

他にも昨季ヴォルフスブルクで早々に解任され、現在はベルギーのアントワープで三好康児のボスになっているマルク・ファン・ボメル、オランダのADOデン・ハーグで今季より指揮官になったディルク・カイト、フェイエノールトでアシスタントコーチを務めるロビン・ファン・ペルシー、オランダ代表のアシスタントコーチに入るエドガー・ダビッツらが指導者の道に進んでいるが、5大リーグで活躍する者は現れるのか。みな現役時代は名選手だっただけに、オランダサッカー界はこの中から名将が出てくることを望んでいるだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.273 プレミア最新勢力図

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ