デ・ケテラエルに負けていられない 昨季急失速したB・ディアスが魅せた再びのロケットスタート

ディアスは昨季も良いスタートを切ったが…… photo/Getty Images

開幕節のウディネーゼ戦で猛アピール

今夏にミランはベルギーのクラブ・ブルージュからMFチャールズ・デ・ケテラエルを獲得しており、チャールズ・デ・ケテラエルはミランにとって今夏の目玉補強だ。3200万ユーロの移籍金を支払っていることもあり、21歳の才能には大きな期待がかかる。

チャールズ・デ・ケテラエルは攻撃的MFとしてトップ下での起用が予想されるが、そのポジションにはライバルがいる。忘れてはならないのは、今季開幕節のウディネーゼ戦で1ゴール1アシストと見事なスタートを切ったMFブラヒム・ディアスだ。

レアル・マドリードからのレンタルでミランに加わっているディアスは、両足を巧みに扱うテクニシャンだ。その技術力はチャールズ・デ・ケテラエルにも負けていないはずだ。

ただ、昨季は開幕から第6節までしか目立った活躍が出来なかった。開幕節で得点を奪ったのは今季も同じで、昨季は開幕節のサンプドリア戦でもゴールを奪っている。しかし、昨季は第6節のスペツィア戦で奪ったゴールを最後にピタリとペースがストップ。結局は3ゴール3アシストのみで終わってしまった。

昨季は新型コロナウイルスの影響で好調時に離脱を余儀なくされるなど不運もあったが、後半戦のパフォーマンスにはサポーターも納得していないだろう。ベンチスタートも増え、個人的にも満足していないはずだ。

今季こそはロケットスタートの流れを維持したいところで、それさえ出来ればチャールズ・デ・ケテラエルとの序列争いにも勝てるかもしれない。このトップ下を巡る若きテクニシャンのバトルも王者ミランの注目ポイントとなりそうだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.273 プレミア最新勢力図

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ