マンUがツィエクだけでなくデストも狙う? 元アヤックスのテン・ハーグ監督の教え子を積極的に獲得か

デストのプレミアリーグ挑戦はあるか photo/Getty Images

ワン・ビサカがパレスに移籍の可能性も

プレミアリーグで開幕2連敗スタートとなるなど厳しい船出となっているエリック・テン・ハーグ新体制でのマンチェスター・ユナイテッド。さらなる補強を進めるためにバルセロナの若きサイドバックを獲得するかもしれない。

英『Mirror』によれば、バルセロナのセルジ―ニョ・デストを獲得しようと準備を進めていると報道。アヤックス時代にはテン・ハーグ監督の下でもプレイしたデストを獲得して右サイドを強化したい考えのようだ。

現在右サイドバックにはディオゴ・ダロトが起用されている。同紙では昨季出場機会を減らしているアーロン・ワン・ビサカについては古巣のクリスタル・パレスが関心を示しており、ユナイテッドはパレスのオファー次第で放出することも検討していると報じている。

バルセロナではサイドバックだけでなく3トップの右ウイングでも起用されるなど、プレイの幅を広げたデスト。攻撃力に磨きをかけ、昨季ダニエル・アウベスの近くでプレイしたことで吸収できたものはたくさんあるだろう。バルサとしてもセルジ・ロベルトやロナウド・アラウホもサイドバックとしてプレイできるため、売却を考えているかもしれない。

チェルシーのハキム・ツィエクにもオファーの準備を進めるなど、テン・ハーグ監督の教え子を積極的に獲得しようとしているユナイテッド。デストも恩師の下で再びプレイすることになるのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.273 プレミア最新勢力図

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ