ジョージアと韓国の実力者が新生ナポリのカギ “Newインシーニェ&クリバリ”に集まる視線 

ナポリに加わったキム・ミンジェ photo/Getty Images

開幕戦はヴェローナにきっちり勝利

今季のナポリは大変だ。夏にFWドリース・メルテンス、ロレンツォ・インシーニェ、DFカリドゥ・クリバリの3本柱が揃って退団してしまい、その穴を埋めなければならない。

ただ、開幕節のヴェローナ戦では5-2ときっちり勝ち点3をゲット。新戦力も結果を出すなど、かなりポジティブなスタートと言えよう。

主な新戦力としては、まず左のウイングに入るジョージア代表の21歳FWクヴィチャ・クワラツヘリアだ。今夏に加わったジョージア期待のアタッカーはテクニックと得点力の両方を持ち合わせており、ヴェローナ戦ではいきなりゴールを記録。インシーニェの後継者候補だ。

最終ラインでは韓国代表DFキム・ミンジェだ。こちらもヴェローナ戦に先発しており、2失点しながらもチームの勝利に貢献。ミンジェは分かりやすくクリバリの後釜だ。

伊『Gazzetta dello Sport』によると、チームを指揮するルチアーノ・スパレッティもヴェローナ戦でのチームの反応を称賛している。

「クワラツヘリアは時にナイーブだったが、彼は高いテクニックを備えている。素晴らしいゴールもあった。ただ、まだ最高のクオリティではない。彼はもっと上手くやれる。キムは完璧で威厳があった。時折彼のプレイはクリバリに似ていたよ」

「ジエリンスキはスペースへの侵入がパーフェクトだった。彼がボールを失ったところは覚えていない。素晴らしいゴールを決めたね。ロボツカはイニエスタのように見えたよ。彼は素晴らしいパフォーマンスを見せた」

新生・ナポリでは、今スパレッティが名指しした選手たちが頑張るしかない。そこにセンターフォワードのヴィクター・オシムヘンが上手く絡めれば、欧州カップ戦出場権は十分に狙えるはずだ。

中でもインシーニェの後継者候補となるクワラツヘリア、クリバリの後釜となるミンジェには注目が集まるだろう。2人にとっては評価を伸ばすチャンスだが、今夏の新戦力2人はナポリを救えるか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.273 プレミア最新勢力図

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ