トリッピアーと対峙も「クロスが来る準備をしていた」 三笘の鮮烈デビューに味方選手も賞賛と信頼の声

ブライトンで存在感を増したい三笘 photo/Getty Images

84分にはトリッピアーをぶち抜きチャンス創出

今季ユニオン・サン・ジロワーズからブライトンへ期限付き移籍から復帰した三笘薫。プレミアリーグデビューに向けて大きな期待を寄せられたドリブラーは、第2節のニューカッスル戦で75分から途中出場を果たし、イングランドでの大きな一歩を踏み出した。

左ウイングバックで出場すると、イングランド代表DFキーラン・トリッピアーと対戦。84分には1対1で対峙するトリッピアーに対し、持ち前のドリブルで勝負を仕掛けて抜き去る。絶妙なクロスを上げるものの、パスカル・グロスのシュートは枠を外れ、デビュー戦でのアシストはいかなかった。

シュートを決めることができなかったグロスだが、試合後に三笘へ賞賛のコメントを送っている。試合後のインタビューでグロスは「僕が日々のトレーニングで目にしているクオリティを見せてくれたよ」とチャンスを作った三笘のプレイを振り返った。さらに84分のトリッピアーとの1対1については「彼は本当に1対1が優れていることを知っているから、僕はボックス内に入ってクロスが来る準備をしていたんだ」と三笘の技術の高さを信頼していたようだ。

わずか15分の出場ながら高いクオリティを見せて鮮烈デビューを飾った三笘。ポジションを争うプレイヤーは強者ばかりだが、自身の一番の武器であるドリブルで十分にパフォーマンスを発揮できれば、プレイ時間は増えていくことだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.273 プレミア最新勢力図

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ