エヴァートンに“NEWフェライニ”が登場 プレミアデビュー戦でさっそくゴールに関与する2m近いビッグマン

エヴァートンでプレミアデビューを飾ったアマドゥ・オナナ photo/Getty images

ヴィラ戦では大きなインパクトを残した

昨季は16位とギリギリでのプレミアリーグ残留となったエヴァートン。今季はフランク・ランパード政権を継続し、巻き返しを図る。

しかし開幕からチェルシー、アストン・ヴィラ相手に勝てず2戦2敗。まだシーズンは始まったばかりだが、次節ノッティンガム・フォレスト戦で今季初白星を飾り、3連敗は避けたいところ。

そんなエヴァートンだが、ヴィラ戦で期待の星がプレミアリーグデビューを飾った。MFアマドゥ・オナナのことだ。

2001年生まれ20歳と若いオナナ。リーグ・アンのリールで飛躍を掴んでおり、今夏の移籍市場ではアーセナルをはじめ多くのクラブが関心を寄せた。最終的にはエヴァートンがプレミア経験なしの若手に最大3000万ポンドの移籍金を支払った。

ポジションは中盤で、魅力は何といっても2m近い長身だ。長い手足を生かしてボールを刈り取り、そのまま推進力のあるドリブルで攻撃を前進させることができる。デビュー戦となったヴィラ戦では敵陣でのボール奪取からさっそくゴールを生んだ。記録は相手のオウンゴールとなったが、半分はオナナの得点といっても過言ではない。

「エヴァートンがこの試合でポジティブなものを得たとすればそれは彼(オナナ)だろう。得点が奪えない静かな時間が続いたが、彼がゴールを決めてくれた。マルアン・フェライニのような影響力を持っている」

英『Daily Mail』でオナナとフェライニを重ねるのは元マンチェスター・ユナイテッドのリオ・ファーディナンド氏だ。確かに同じくベルギー代表、長身、得点力とフェライニと重なる部分はある。エヴァートンでは12-13シーズンに11ゴール5アシストと躍動しており、翌年にユナイテッドに引き抜かれた。

近年は苦戦が続くエヴァートン。エースであるリシャルリソンはトッテナムに引き抜かれ、相棒のドミニク・カルヴァート・ルーウィンは再び怪我で離脱している。アカデミー出身のアンソニー・ゴードンにはチェルシーが触手を伸ばしており、オナナの覚醒が今季は必要になる。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.273 プレミア最新勢力図

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ