負傷者続出の前線で期待のストライカー 後半戦の巻き返しに期待の浦和FWシャルク

シャルクは活躍できるか photo/Getty Images

PSG戦でケガから復帰

浦和レッズはパリ・サンジェルマンと対戦して0-3と敗戦した。この試合でケガから復帰して途中出場を果たした男がアレックス・シャルクである。後半戦での巻き返しに向けて彼の奮起は必須となるだろう。

今試合はサブからの出場となったシャルク。この試合で浦和デビューとなったブライアン・リンセンがわずか10分で途中交代となり、代わりに工藤孝太が出場。その工藤と代わって83分にシャルクが投入された。

10分弱の出場時間だったが、自ら積極的に仕掛けてPSGのゴールに迫った。得意の左サイドから仕掛けてドリブル突破を図るシーンは見られたが、他選手との連携面は実戦を経て深めていく必要があるだろう。後半戦で好調を維持するダヴィド・モーベルグも試合をこなしていくことでチームメイトとの連携を強化し、チームトップの得点数を稼いでいる。

リンセンが肉離れで離脱してしまい、キャスパー・ユンカーも負傷を繰り返してしまう中で、シャルクへかかる期待は大きい。左サイドやトップで自らの献身性とスピードを武器に得点を奪えるか。浦和の巻き返しに17番のゴールに注目だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.271 J1勢力図2022夏

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ