D・ヌニェス放出のベンフィカで期待の新FW 過去にはアヤックスで14得点11アシストのドリブラー

アヤックスで活躍したネレス photo/Getty Images

19年にはブラジル代表でコパ・アメリカを制す

ベンフィカは今季大きなブレイクを遂げたダルウィン・ヌニェスをリヴァプールへと放出。大きな得点源を失った攻撃陣だが、シャフタール・ドネツクからダヴィド・ネレスを獲得して前線を補強した。彼の活躍にも大きな期待が寄せられる。

ブラジル出身のネレスだが、オランダで成長を続けていたネレス。2017年に1200万ユーロでアヤックスへ加入すると、17-18シーズンにはエールディヴィジで32試合14ゴール11アシストと大活躍を見せてチームの柱となった。翌年も8得点8アシストと輝きを放っていたものの、徐々に出場機会が減り、先発から外れることも多かった。

今季は1月にウクライナのシャフタールへと移籍するものの、ロシアによる侵攻によってリーグが中断。結局シャフタールでは1試合も出場することなく退団となり、心機一転ベンフィカでの新たなシーズンを迎えることとなった。

足元の技術に長け、ドリブルで局面を打開していくアタッカーのネレス。サイドや中央でも果敢に仕掛けてチャンスを作る同選手はベンフィカの大きな武器となるだろう。D・ヌニェスの移籍によって欠けた速さを補える選手であり、アヤックス時代にはアシスト数も多く、得点創出に向けて新たな期待が持てそうだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ