北川航也が清水エスパルスへ完全移籍で加入! オーストリアから3年ぶりの復帰元エースが救世主に

清水へ復帰する北川航也 photo/Getty Images

2018年には13ゴールを挙げた

清水エスパルスは19日、SVラピード・ウィーンより北川航也を獲得したことを発表。クラブ公式HPにて伝えている。

北川は2015年に清水ユースからトップチームへ昇格し、翌年J2へと降格したクラブで30試合9ゴールとブレイクを果たす。さらに2018年にはJ1で32試合13得点を決めるなど、得点能力が開花し、日本代表にも選出されている。

2019年夏にオーストリア・ブンデスリーガのラピード・ウィーンへと移籍し、海外挑戦を果たした北川だったが出場機会に恵まれず。3シーズンで50試合5ゴールに終わり今季限りで退団するのではないかと噂されていた同選手。3年ぶりとなる清水復帰を決断した。

現在J1で16位と残留争いの真っただ中にいる清水。総得点「18」と攻撃力をアップしたいにチームにとっては救世主となるはずだ。元エースが再びJ1の舞台で輝くことはできるのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ