“サネVSマネ”はどちらが上か 日本代表とも無関係ではないサネの小さなスランプ 

ドイツ代表にも選ばれるサネ photo/Getty Images

左サイドで熾烈なバトル勃発の可能性

まだスタメンに入るかは分からないが、日本代表がワールドカップ・カタール大会の初戦で激突するドイツ代表で気になるFWの1人がレロイ・サネ(26)だ。

サネはマンチェスター・シティ、現在所属するバイエルンでプレイする中で好不調の波があったものの、そのスピードを活かした突破は脅威だ。左ウイングでのプレイを得意としており、日本の右サイドバックに入る選手は最大級の警戒をする必要がある。

ただ、サネに関しては気になるところもある。2021-22シーズンはバイエルンで全45試合に出場して14ゴール15アシストの成績を残しているが、3月以降はリーグ戦でピタリと得点がストップしてしまった。3月5日のレヴァークーゼン戦から9試合連続無得点でシーズンを終えることになり、この部分がやや心配されている。

ドイツ代表にも継続的に召集されているが、代表の方でも最後に得点を奪ったのは2021年11月のリヒテンシュタイン戦が最後だ。今月のネーションズリーグでも3試合に出場したものの、無得点に終わっている。

そして今夏にはバイエルンがリヴァプールFWサディオ・マネの獲得に近づいているとされており、マネも左サイドでのプレイを得意とする選手だ。サネは右でもプレイできるが、今季は主に左サイドで結果を残している。ウイングにはキングスレイ・コマンもおり、サネには厳しいポジション争いが待っているかもしれない。

バイエルンでの出番次第ではドイツ代表での序列も変わってくる可能性があり、ドイツ代表にとっても主力選手がクラブで出番を失うのは理想的ではない。サネとしては今季後半戦の流れを断ち切り、新シーズンは前半戦から飛ばしていきたいところだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ