「来シーズンも頑張りたい」とバルサ残留を示唆? 恩師からオファーもデ・ヨングの来季は

来季もバルサでのプレイとなるか photo/Getty Images

デ・ヨングがSNSを更新した

今季前半戦で大きくつまずいたバルセロナだったが、シャビ・エルナンデス監督を招へいし、冬の補強で獲得した戦力が大きな活躍を見せてリーガ・エスパニョーラを2位で終えた。そんなクラブで退団が噂されている男が、MFフレンキー・デ・ヨングだ。

ロナルド・クーマン前監督時代には欠かせない存在となっていた同選手。しかしシャビ監督就任当初は、パフォーマンスの低下が見られた。それでも終盤には復調してチームの司令塔として活躍。今季は32試合3ゴール3アシストと主力として輝きを放った。

そんなデ・ヨングに対し、英『Mirror』では来季からエリック・テン・ハーグが指揮官へと就任するマンチェスター・ユナイテッドが獲得を狙っていると報道。アヤックス時代にUEFAチャンピオンズリーグのベスト4を戦った恩師がオファーするのではないかと伝えられている。

しかし同紙ではデ・ヨングのSNSの投稿に注目。最終戦を終えた同選手のインスタグラムにて「私たちにとって今季は残念なシーズンだった。当初の目標を達成することができなかった。しかし、今年はファンのサポートに感謝したい。来シーズンはもっと良くなるように頑張りたい」とバルサファンに向けて来季へのメッセージを送っており、同紙は「バルサ残留の最大のヒントを与えた」と報じている。

またデ・ヨングは、2月頃の英『Guardian』のインタビューで「幼いころからバルサに来たいと思っていたから、夢がかなった。(バルサで)とても幸せだし、これからもずっとそうありたいと願っている」と明かしている。恩師からのオファーよりもバルサへの愛を突き通すのか。移籍市場のデ・ヨングにも注目したい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ