アルテタ・アーセナルは2025年まで継続へ CL復帰を目指すアーセナルが迎える天王山

アルテタの契約は延長に photo/Getty Images

ヴェンゲル時代以来となるトップ4フィニッシュが目前

現在プレミアリーグで4位の位置につけているアーセナル。好調の要因には若手選手たちの活躍が挙げられるが、もとを辿れば、明確なビジョンを持って彼らを信じ、起用し続けたミケル・アルテタ監督の功績であることは疑いようがない。

アルテタ監督就任からは2年半が経とうとしているが、残り1年となっていたこのタイミングでアーセナルは彼との契約を延長。2024-25シーズンまでアルテタが監督を務めることになった。

アルテタ監督は元々プレミアリーグ屈指のミッドフィルダーで、アーセナルでキャプテンも務めていた人材。引退後はマンチェスター・シティでアシスタントコーチを務め、ジョゼップ・グアルディオラ監督の下、指導者としてのスキルを学んだ。

アーセナルは不調にあえぐウナイ・エメリを解任後、2019年途中からアルテタを監督に抜擢。就任初年度からFAカップを制し、土壇場でヨーロッパリーグの出場権も手に入れたものの、リーグ戦は立て直すことができず8位に終わった。

翌シーズンは開幕当初からアルテタ監督がチームをマネジメントしたものの、リーグ戦は2年連続となる8位に終わり、アーセナルは25年ぶりにヨーロッパカップ戦の出場権を逃してしまった。

それでもクラブはアルテタ監督を続投。大型補強を敢行すると、獲得した選手が次々に活躍。アーセン・ヴェンゲル氏退任以降で初となるチャンピオンズリーグ出場権獲得が目前までやってきている。

アルテタ監督がこの2年半で獲得したタイトルは、FAカップとコミュニティシールドの2つのみ。しかしチームは選手の血を入れ替え、ようやく高みを目指すための準備が整いつつある。

真価が問われるのは来シーズン以降となるはずだが、まずは残りのリーグ戦4試合に目を向けたいところ。特に4位争いのライバルであるトッテナムとの一戦は、CL出場権獲得を大きく左右する試合。ここでつまずかずに4位をキープできるかどうかが、今後のアーセナルを占うことになりそうだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ