ターンオーバーでACLを乗り切ったF・マリノスの強み 2つのポジションをハイレベルでこなす便利屋・岩田智輝の働き

3つのポジションをこなす横浜F・マリノスの岩田智輝 photo/Getty images

指揮官としては重宝する存在だ

川崎フロンターレがまさかのグループステージ敗退となった波乱のACL。日本勢は横浜F・マリノス、ヴィッセル神戸、浦和レッズが勝ち抜けを決めた。その中でも選手層の厚さを感じさせたのは、ケヴィン・マスカット監督率いるF・マリノスだ。Jリーグでも大幅なターンオーバーをテストしており、重要なこのACLで見事に成功させている。

その中でも重宝されたのはMF岩田智輝だ。大分トリニータからステップアップした選手で、中盤に加えセンターバック、右サイドバックで起用可能なユーティリティプレイヤーである。

そんな岩田はこのACLで全試合に出場しており、先発数は5試合。ボランチで2試合、センターバックで3試合に先発する器用さを見せており、チームに貢献している。岩田の凄さは多くのポジションでプレイできるだけでなく、クオリティが落ちないところだ。岩田は試合の中でもポジションを変更することがあるが、そこでも焦らずミスが少ない。どうしても試合の中で担当するポジションが変われば、ミスが見られても仕方がないが、適応力が高く安定した働きを見せる。ACLでは守護神の高丘陽平に続く2番目のプレイタイムを記録しており、監督からの信頼の厚さが伝わってくる。

このACLでも岩田の便利さは多くの試合で生かされている。例えば、岩田が中盤でスタートすることになっても、岩田をセンターバックに下げることで後方のクオリティを落とさず、中盤に新しい選手を入れることができる。これはセンターバックから中盤に上げる際も同じであり、監督としては起用法に幅が広がる。実際にそういった選手の使い方はこのACLでも見られており、ターンオーバーをやるにあたってこの岩田が重要人物であったのは間違いないだろう。

F・マリノス加入2季目にしてさらにチーム内での貢献度を高めている岩田。中盤でもセンターバックでもファーストチョイスとなっており、彼が2人いればと思うほどに頼れる存在である。まだ、25歳とこれからの選手であり、成長次第では日本代表入りも十分に考えられる。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ