レヴァンドフスキ放出ならバイエルンの新エースに? 今季欧州でブレイクしたウルグアイ代表FW

リヴァプール戦でもゴールを決めた photo/Getty Images

来季の動向に注目集めるダルウィン

今シーズン欧州でも大きなブレイクを果たしたストライカーは、ベンフィカをUEFAチャンピオンズリーグベスト8へ導いたダルウィン・ヌニェスだろう。このウルグアイ代表FWは、今夏の移籍市場を騒がす存在となるはずだ。

1月にはマンチェスター・シティなどが獲得を目指したダルウィン。アトレティコ・マドリードなども関心を示しているようだが、スペインメディア『SPORT』はバイエルンがロベルト・レヴァンドフスキの後釜として狙っていると報じている。

来季までとなっているバイエルンとの契約をいまだに更新していないレヴァンドフスキ。もし延長しないこととなれば、フリーでの放出を避けるために今季流出するのではないかと噂されており、バルセロナなどが獲得候補に挙がっている。もしそれが現実となった場合、ダルウィンを新たなストライカーとして招き入れるかもしれない。

爆発的なスピードを武器に、CLでバルセロナからゴールを奪ったダルウィンだが、スピードだけでなくフィジカルも特長とするプレイヤーだ。準々決勝のリヴァプール戦でも速さと強さを存分に発揮して2試合で2得点を記録。1stレグではボックス内で上手さを見せたゴールも決めている。プリメイラリーガでも25得点でゴールランキングトップを走るダルウィンは、バイエルンの新たなエースとなるのか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ