“10年ぶり”のアメリカ人得点王を MLSで注目したい2人の若手アタッカー

FCダラスのヘスス・フェレイラ photo/Getty Images

リカルド・ペピに続く逸材発掘へ

今年のアメリカ・MLSはまだ序盤戦といったところだが、この段階で得点ランクの方に目を向けておきたい。

昨年はFCダラスで19歳と若いアメリカ代表FWリカルド・ペピがブレイクすることになったが、アメリカサッカー界としてはこの流れを続けていきたい。アメリカ代表強化のためにも、アメリカ人FWが得点ランクの上位へ食い込んでくるのが理想的だ。

早くも今年のブレイク候補に名乗りを上げるのは、現在5得点で得点ランク首位タイに立つ21歳のFCダラス所属FWヘスス・フェレイラだ。

すでにアメリカ代表でもプレイしているフェレイラは、2019年と昨年にMLSでキャリアハイとなる8得点を奪っている。すでにその数字に近づいていることになり、今年のスタートは快調だ。

さらに久保裕也の所属するFCシンシナティでは23歳の大型FWブランドン・バスケスが同じく5得点を奪っている。まだA代表ではデビューしていないが、U-23アメリカ代表には選ばれている。188cmとサイズもあり、興味深いセンターフォワードだ。すでに昨年、一昨年の得点数を上回っており、この活躍を続けてA代表にも入りたい。

近年のMLSには欧州で活躍してきたスター選手が続々とやってきており、得点王のタイトルは彼ら助っ人に独占されてきたところがある。昨年はニューヨーク・シティFCでプレイする23歳のアルゼンチン人FWバレンティン・カステジャーノスが得点王のタイトルをゲットし、今年も開幕6試合で4ゴールと波に乗っている。

2020年はウルグアイ人FWディエゴ・ロッシ、その前はメキシコ代表FWカルロス・ベラ、他にも2018年はベネズエラ代表FWホセフ・マルティネス、2015年は元イタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコなど、最後にアメリカ人選手が得点王を獲得したのは2012年のクリス・ウォンドロウスキ(27得点)だ。

助っ人のおかげでリーグ全体が盛り上がるのは悪いことではないが、アメリカ代表のエースを育てるのも目標の1つとなる。アメリカ人選手の得点王獲得にも期待したいところで、フェレイラとバスケスは今のペースを維持できるか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.273 プレミア最新勢力図

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ