反撃の狼煙を上げる《偉大な主将》の同点弾 吉田麻也のゴールで日本代表が追いつく

ベトナム戦で同点ゴールを挙げた吉田 photo/Getty Images

ベトナム相手にビハインドの状況だったが

29日、日本代表はアジア最終予選の最終節にてベトナム代表と対戦。先日行われたオーストラリア代表戦でカタールW杯への出場を決めたことにより、この試合に森保一監督は先発メンバーを9人変更。右サイドバックを務める山根視来とセンターバックを務める吉田麻也以外のメンバーを入れ替えて、このベトナム戦に臨むこととなった。

しかし、試合はまさかの展開に。立ち上がりからベトナム代表の粘り強い守備に手を焼いた日本代表は、19分にCKから先制点を許してしまった。そのまま前半戦は終了。メンバー変更の影響もあってか、1stハーフはやや苦しい時間を過ごすこととなった。

とはいえ、そんな時に頼れる活躍を見せてくれるのが主将という存在だ。54分、日本代表に待望の同点ゴールをもたらしたのはDF吉田麻也。同選手は原口元気がバイタルエリアから放ったミドルシュートのこぼれ球に反応し、見事に足先でボールをゴールへと流し込んでみせた。
これで振り出しに戻ったベトナム戦。前半はチャンスを作るもなかなか得点を奪えなかったサムライブルーだが、これでようやくエンジンが掛かってくるか。守備面だけでなく、吉田は攻撃面でも非常に印象的な働きを見せている。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.295 なでしこ、飛翔せよ!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ