アラウホ負傷交代にピケが退場 バルサは怪我人続出のCBで次戦は若手に期待も?

退場処分となったピケ photo/Getty Images

ナポリ、バレンシアと連戦のバルサ

バルセロナはリーガ・エスパニョーラ第24節でエスパニョールと対戦し、2-2のドローで終了した。今試合でロナウド・アラウホが怪我で負傷交代を余儀なくされてしまい、ジェラール・ピケはレッドカードを受けるなど、センターバックの台所事情が厳しくなっている。

今試合でスタメン出場したアラウホだったが、怪我の影響でハーフタイムにエリック・ガルシアと交代する。1-1で迎えた64分にエスパニョールに逆転ゴールを許し、ピケが2枚目のイエローカードを受けて退場処分となるものの、終了間際にルーク・デ・ヨングが同点弾を決めて勝ち点1を拾った。

アラウホとピケが次戦は出ることができない。現状でバルサのセンターバックはクレマン・ラングレとサミュエル・ウンティティが怪我で離脱しており、起用できるのは今試合で途中出場したエリック・ガルシアとオスカル・ミンゲサの両選手だ。次戦のバレンシア戦では、彼らがスタメン出場となる可能性もあるだろう。

17日にはUEFAヨーロッパリーグのナポリ戦も控えており、連戦となるバルセロナには痛い離脱となっている。同試合もバレンシア戦に向けてピケを軸に、ガルシアかミンゲサが起用されることとなるだろう。それともシャビ・エルナンデス監督のうちに秘策はあるのか、注目だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ