辛辣意見も振り払う存在感を発揮 長友佑都が強度高く左サイドに蓋をした

サウジ撃破に貢献した長友 photo/Getty Images

全試合先発出場中の長友

日本はFIFAワールドカップのアジア最終予選でサウジアラビアと対戦し、2-0で勝利した。左SBで先発出場した長友佑都は、豊富な運動量と強度の高い守備で左サイドに蓋をし、無失点勝利に貢献する。

長友はここまで最終予選で全試合先発出場中だ。しかしここまでのプレイは安定性に欠け、彼の武器であるスタミナや守備面は陰を潜めていた。しかしサウジアラビア戦でも先発出場した長友は、両サイドから攻め入る相手に対して最後までプレッシングをかけ、強度高く守り切る。

また長友は50分に生まれた伊東純也の追加点をアシストした。このプレイでも長友は厳しいパスに最後まで食らいつきパスを供給する。最終的には伊東の元へボールが渡り美しいゴールへとつながっている。長友の踏ん張りがなければ生まれなかった追加点といえるだろう。

プレイ強度を最後まで落とさず守り抜き、攻撃面でも1アシストを記録した長友。サウジアラビアが自分たちでボールを回して攻撃を展開してくる中で、彼の良さが光った試合となった。日本がボールを回して優位に進められる相手よりも、今試合のように前からアグレッシブに来る相手のほうが長友の良さが活きるのだろう。

辛辣な意見も少なくない長友の代表選出だが、払拭するのは自身のパフォーマンスしかない。次戦は敵地でのオーストラリア戦。この試合のような強度を敵地でも見せられるか注目だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ