サウサンプトンが王者シティから奪った勝ち点4 まだあるリヴァプール逆転のシナリオ

リヴァプールにはまだチャンスがある photo/Getty Images

可能性としてはゼロではない

一時は首位マンチェスター・シティと2位クラブとの勝ち点差が10ポイント以上離れるなど、プレミアリーグの優勝争いは終わったかに思われていたが、23節を終えて首位シティと2位リヴァプールの差は9ポイントにまで縮まってきた。

1月終盤で9ポイントは大きな差かも知れないが、リヴァプールはまだ1試合未消化であり、それに勝てば6ポイント差まで縮めることができる。さらに4月にはシティ対リヴァプールの直接対決が予定されており、そこで白星を挙げられれば勝ち点差が3ポイントに。こうなれば一気に優勝争いは分からなくなる。

リヴァプールに期待できるのは、やはりモハメド・サラー、サディオ・マネの両翼を欠いても、ここまで勝ち点を失っていない選手層の厚さだ。直近のクリスタル・パレス戦では右サイドにオックスレイド・チェンバレンを起用し、彼が1ゴールを決めている。こういったユルゲン・クロップの起用法も、今後期待できる一つの要因だ。

また、ここまで連勝を継続していたシティがサウサンプトン相手に引き分けてしまったのも、リヴァプールにモチベーションを与える大きなミスとなってしまった。シティは今季セインツと2度対戦しているが、どちらもドローであり、シティはここで勝ち点4ポイントを失うことになった。ここで勝っておけば優勝の可能性が高まっていたが、ジョゼップ・グアルディオラ率いるシティでも勝ち点を落とすことはある。

シティの独走を止めるために今後も勝ち続ける必要のあるリヴァプール。11日のレスター戦ではサラー、マネ、ナビ・ケイタのアフリカネーションズカップに参加していた選手が戻ることになっており、ここからの優勝争いはさらに面白いものになるだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.271 J1勢力図2022夏

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ