“1035分”プレイして生まれたプレミア初ゴール 大迫と共闘したアメリカの点取り屋がもがいていた

ノリッジ・シティでプレイするサージェント photo/Getty Images

プレミア1年目は苦しい展開に

昨季ブンデスリーガ1部から降格してしまったブレーメンは、日本代表FW大迫勇也をはじめ複数の主力を失うことになった。

そのブレーメンから昨夏イングランドのノリッジ・シティに向かった者が2人いる。主にウイングを務める25歳のミロト・ラシカと、アメリカ代表期待のFWとして知られる21歳のジョシュ・サージェントだ。

大迫と共闘していたことから2人を知っている日本のサッカーファンも多いだろうが、今季2人はイングランドの地で大苦戦していたのだ。ノリッジ・シティのチーム状況が悪いこともあるが、降格圏を彷徨ってきたノリッジ・シティで2人はノーゴールの状態が続いてきた。

しかし、ついにその時間も終わりだ。21日に行われたワトフォード戦にて、サージェントが2得点を記録。実にプレミアでプレイを始めて1035分目にしての初ゴールとなり、チームも3-0の勝利を収めた。

そしてサージェントの2点目をアシストしたのがラシカだ。ブレーメンでプレイしてきたコンビがチームに勝ち点3をもたらすことになり、チームも暫定ながら降格圏を脱出。17位まで順位を上げた。

サージェントの方もホッと一息といったところではないか。アメリカ代表でも19試合プレイしてきたサージェントはエース候補の1人だが、最近はアウグスブルクに移籍した18歳のFWリカルド・ペピがアメリカ国内でも大人気だ。センターフォワードのポジションを奪われる可能性もあり、アピールのためにもサージェントにはゴールという分かりやすい結果が必要だった。

何とかプレミアの地で初得点を決めることが出来たが、ここからペースを上げていけるのか。時間はかかったが、ようやく手応えを掴めたはずだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ