中村俊輔や天野純の後継者に期待大 町田から復帰した左利きの“走れる司令塔”

吉尾の活躍に期待 photo/Getty Images

今季はJ2で10得点10アシスト

昨季はFC町田ゼルビアで高い存在感を発揮し、今季J1の舞台へ戻ってきた。左足で高精度のキックを繰り出し、中村俊輔のような活躍に期待したいMFが吉尾海夏だ。

横浜F・マリノスの下部組織で育った吉尾は、2017年にトップチームへ昇格する。翌年プロデビューすると、2019年にはベガルタ仙台へ期限付き移籍を果たす。しかし13試合2得点に終わり、レギュラーを獲得することはできなかった。

転機となったのは2020年の町田へのレンタル移籍だ。1年間主力として活躍し、翌年にも期限付き移籍を延長すると、39試合で10得点10アシストと大きくブレイク。J2で存在感を発揮し、今季は横浜FMへの復帰となった。

町田では右サイドハーフを務め、得意のドリブルでチャンスを作るだけでなく攻撃の司令塔としても輝いた。左足から精度の高いキックでチャンスを創出し、ドリブルで自ら突破することも可能な“走れる司令塔”としてチームで貴重な存在となるだろう。

今季は天野純が蔚山現代FCへ期限付き移籍しており、レフティの司令塔がチームを抜けた。そんな天野の穴を埋める輝きを放つことができるだろうか。天野は中村の後継者としても期待されていたMFであり、彼の後釜として吉尾にもサポーターは同様の期待を持っているはずだ。クラブを象徴する左利きの司令塔へ成長できるか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ