現インテルは“欧州最強チーム”の1つ? 16人で計51ゴールも奪う圧巻の総合力

安定した戦いを披露するインテル photo/Getty Images

セリエA連覇の可能性高まる

FWロメル・ルカクとDFアクラフ・ハキミ、さらには指揮官アントニオ・コンテまでチームを去ったインテルが今季もスクデットレースをリードすると予想していた人はどれだけいただろうか。

今季開幕前の時点では戦力が大きくダウンしたとの読みもあったが、シモーネ・インザーギが指揮官に就任したインテルは予想に反してかなりの強さだ。ルカク退団で大幅ダウンと考えられた攻撃面も問題なく機能しており、もはや昨季以上に強烈と言っていい。

ここまでセリエAでは最多となる51得点を奪っているが、欧州5大リーグにて現時点でチーム得点数が50を超えているのはマンチェスター・シティ(53点)、リヴァプール(52点)、バイエルン(57点)、インテル(51点)の4チームのみ。インテルには得点王レースを引っ張るほどの存在はいないのだが、それでも攻撃力は高い。

最大の強みは今季リーグ戦で16人も得点を奪っているところにあり、どこからでも点を奪えるチームなのだ。唯一二桁得点を奪っているのはFWラウタロ・マルティネス(11点)で、そこからFWエディン・ジェコ(8点)、MFハカン・チャルハノール(6点)、MFイヴァン・ペリシッチ(4点)、FWホアキン・コレア(4点)と続いていく。

超がつくワールドクラスと呼べる選手も少なく、世界が注目するフレッシュな若手がいるわけでもない。今のインテルは中堅からベテラン世代が安定した力を発揮しているイメージで、32歳のペリシッチ、33歳のFWアレクシス・サンチェス、35歳のジェコなど、30代プレイヤーも元気だ。

伊『Calciomercato』は、この結果からインテルを現世界最強チームの1つと絶賛している。マンCやリヴァプール、バイエルンと比較できるレベルかはチャンピオンズリーグの戦い次第だが、今のインテルが組織的にトップレベルの機能性を発揮しているのは間違いない。

2月に予定されているチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ではリヴァプールと対戦するが、今の調子を考えると予想は難しい。インテルにもリヴァプールを潰すだけの力はあるはず。ベスト16でも絶対に見逃せないカードの1つで、今のインテルは侮れない集団だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.265 CL激闘必至の3番勝負

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ