鹿島へ加入することが決まった鈴木優磨 欧州ではなく日本への復帰は正解か

鹿島への加入が決まった鈴木 photo/Getty Images

今季は2得点の鈴木

鹿島アントラーズはシント・トロイデンの鈴木優磨を獲得したことを発表した。昨シーズンはジュピラー・プロ・リーグで得点を量産した男が鹿島の新たなエースとして名乗りを上げることとなった。

2015年に鹿島アントラーズユースから昇格した鈴木は、翌年に31試合8ゴールを記録してブレイクを果たすと、2018年には32試合11得点とキャリアハイを更新する。AFCチャンピオンズリーグでも2ゴールを挙げて優勝に貢献した。翌シーズンからシント・トロイデンでベルギー挑戦を勝ち取ると、昨季は34試合17ゴールを決めており、欧州で注目を集める存在となった。

昨夏はクラブも移籍を認める状況だったものの、いくつか候補はありながら移籍先は最後まで決まらず。今冬でも欧州4大リーグへの挑戦が実現されるかと思われたが、鈴木が選んだのは鹿島だった。

昨季のパフォーマンスのまま移籍することができれば、さらに得点量産が見込めたかもしれない。しかし今季はここまで11試合2ゴールと厳しい状況が続いている。このまま欧州へ挑むことができても、コンディションが上がらない状態では活躍できるかは未知数だ。日本でもう一度得点能力を開花させることができれば、コンディション面を含めより良い状態へと持っていくことができるだろう。

とはいってもJ1も簡単にゴールできる舞台ではない。J1で活躍することができれば、欧州への近道になることもあるだろう。25歳となったストライカーが鹿島での新エースとして得点量産する姿に期待したい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ