東京五輪からカタールへ スペイン代表入りへ“191cm”の大型FW猛アピール

セビージャへ移籍したラファ・ミル photo/Getty Images

日本戦にも先発していた

今もスペイン代表には多くの実力者が揃うが、センターフォワードの層は相変わらず厚くない。フェルナンド・トーレス、ダビド・ビジャの2枚看板を擁していた頃に比べると、現状はやや寂しいと言える。

そこに割って入れるだろうか。今夏の東京五輪で印象を残した191cmのFWラファ・ミルに注目したい。

東京五輪で初めて知ったという人もいるかもしれない。大型ストライカーのラファ・ミルは五輪のコートジボワール戦でハットトリックを記録し、準決勝の日本戦にも120分間フル出場していた。

まだA代表ではプレイしていないが、スペインにとっては貴重な大型FWだ。今後の成長を楽しみにしているファンもいるはず。

そのラファ・ミルは、今夏にセビージャへ移籍。これは大きな挑戦だったが、ここまではリーグ戦13試合で5得点と活躍。28日のレアル・マドリード戦でもヘディングでゴールを奪ってみせた。

スペイン『MARCA』によると、ラファ・ミルもここまでのスタートに満足感を示している。セビージャでFW1番手になる考えなのだ。

「僕は誰かの控えになるためにここへ来たわけではない。ラファ・ミルはラファ・ミルさ。強みと弱点があって、僕のことを気に入る人もいれば、そうじゃない人もいるだろう。でも、数字が物語る。まだ多くのゲームをしていないけど、僕はすでに得点を奪っているからね。新しいチームに僕はフィットしているし、これは難しいことだ。どこまで行けるか楽しみだよ」

当然これからの1年でアピールに成功すれば、来年のワールドカップ・カタール大会出場も夢ではなくなってくる。アルバロ・モラタら先輩FWに負けぬインパクトを残せるのか。今夏のセビージャ移籍はラファ・ミルにとって大きなチャレンジだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.265 CL激闘必至の3番勝負

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ