トッテナムの“エース復活”を皆が待っている 上位戦線復帰へ欠かせぬケインの再生

ケインの完全復活はいつになるのか photo/Getty Images

エメルソン「常にハリーの位置を確認している」

今季途中からアントニオ・コンテ監督を招聘し、プレミアリーグ序盤戦に出遅れた分を取り戻しにかかっているトッテナム。ひとまず新指揮官就任後のリーグ戦における戦績は1勝1分と、まずまずのスタートは切れたと言っていいだろう。11月の代表ウィーク期間中にはチーム残留組に強度の高いトレーニングを課したとも現地メディアによって伝えられており、“コンテ流”は早くもトッテナムに浸透しつつある。上位戦線復帰への下準備は着々と進んでいる印象も強いだけに、スパーズにはようやく期待感が出てきたと言っていいだろう。

しかし、その一方では少し心配な問題が。それは、イングランド代表FWハリー・ケイン(28)の状態だ。昨季はプレミアで22ゴールも記録した同選手だが、2021-22シーズンはここまでリーグ戦11試合の出場でわずか1ゴール。現地時間25日に行われたヨーロッパ・カンファレンスリーグのNSムラ戦では得点を挙げたものの、プレミアの試合ではなかなかネットを揺らすことができていない。

たとえどれだけ指揮官がチームに自身のスタイルを落とし込もうとも、トッテナムで最後に味方が繋いだボールをゴールへと叩き込むのはケインの仕事だ。彼の復調なくして、スパーズの上位戦線復帰はありえない。ここまではまずまずの仕事ぶりを披露しているコンテ監督だが、この“ケイン再生”は新指揮官にとって最大のミッションとなるだろう。

「僕がボールを持ったときは、常にハリーの位置を確認しているよ。どんな時でも、まず彼を探すんだ。ハリーのようなゴールスコアラーには常に2,3人のマークがついているんだけど、それでも僕らは彼を頼りにしているんだ。決して簡単な状況ではないことも理解しているけれど、それを跳ね除けるだけの力を持っていることは知っているからね。ハリーは間違いなくチームの中心さ」(英『football.london』より)

そんななか、トッテナムの右ウイングバックを務めるエメルソン・ロイヤルもケインへの信頼をこのように語っている。チームの仲間も、エースをどうにか復活させようと積極的に彼へボールを集めようと試みているという。短期的な結果にこだわるならば非効率的かもしれないが、ケインはやはりトッテナムの核となる選手。どこかで調子を取り戻してもらわなければ困るだけに、チームメイトも彼の再生のためには全力で手を貸す構えのようだ。

今季はここまでなかなか状態の上がってこないケインだが、はたして彼が再びゴールを量産し始めるのはいつになるのか。可能なかぎり早い時期に完全復活を遂げてほしいところだが、スパーズを牽引するエースの未来はいかに。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.273 プレミア最新勢力図

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ