5人合わせて《91ゴール》 実は強烈なFWを5枚も抱えるスーパーイーグルスへの注目

ナポリで活躍するオシムヘン photo/Getty Images

彼らをワールドカップで見られるか

それぞれプレイしているリーグレベルは異なるが、2021年にゴールを量産したFWを5枚も抱える国がある。

苦しみながらも2022ワールドカップ・アフリカ3次予選への進出を決めたナイジェリア代表だ。

2021年の成績を振り返ると、まずはレスター・シティでFWケレチ・イヘアナチョが覚醒。40試合で19得点を挙げる活躍を見せており、スーパーイーグルスでもゴールゲッターとチャンスメイカーの両方で期待できる。

さらにナポリでは大型FWヴィクター・オシムヘンが躍動。2次予選最終戦のカーボベルデ戦でも前半1分に貴重な得点を挙げていたが、今年はナポリで計17得点を記録。セリエAでも通用するストライカーだと証明した。

ヘンクで活躍するオヌアチュ photo/Getty Images

これだけのFWが揃っているのは羨ましい

伊東純也とチームメイトであるヘンクFWポール・オヌアチュも忘れてはならない。ベルギーリーグはそこまでハイレベルではないものの、201cmのサイズを誇るオヌアチュは今年だけで28得点を記録。代表の方でも貴重な切り札だ。この高さは厄介だろう。

さらに原口元気とチームメイトのウニオン・ベルリン所属の24歳FWタイウォ・アウォニイも興味深い。代表ではまだこれからの選手だが、ブンデスリーガでは昨季5得点、今季は早くもそれを上回る8得点をマークしている。ブンデスリーガで今年1年間で13得点を挙げられたのは自信になったことだろう。

リーグ・アンでは、ロリアンに所属する22歳のFWテレム・モフィが頑張っている。今季はここまで2得点とややペースが鈍いが、昨季はリーグ・アンで14得点を記録。こちらも188cmとサイズがあり、今年ナイジェリア代表デビューも果たした。将来が楽しみな選手だ。

リーグレベルに違いはあるものの、これだけ結果を出しているセンターフォワードが揃っているのは心強い。ワールドカップ3次予選を突破し、カタールへの切符を掴めるか。スーパーイーグルスが誇るセンターフォワード陣はどのチームにとっても脅威となるはずだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.263 監督で観る欧州蹴球

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ