今や“世界最強”のアシストマシーン? ゴールゲッターから姿を変えたFWは止まらない

バイエルンで活躍するミュラー photo/Getty Images

昨季に続いてアシスト量産

ドイツ代表では大舞台に強いゴールゲッターの印象が根付いていたが、バイエルンで欧州屈指のチャンスメイカーとなったのがFWトーマス・ミュラーだ。

ミュラーのキャリアはなかなか器用だ。2015-16シーズンはリーグ戦で20得点5アシストの成績を残しており、この頃はゴールゲッターの印象が強かった。

しかし、近年はアシストマシーンへと変化。2019-20シーズンにはリーグ戦で21アシストを記録し、昨季も18アシスト。昨季は得点の方も11点奪っているが、ロベルト・レヴァンドフスキのゴールをお膳立てする機会を意図的に増やしているのは間違いない。

そのアシストペースは今季も健在で、ここまで8アシストを記録。これは欧州5大リーグにて現在最多だ(『WhoScored』より)。

それを追うのはレアル・マドリードFWカリム・ベンゼマ、リヴァプールFWモハメド・サラー、マンチェスター・ユナイテッドMFポール・ポグバ(7アシスト)の3人だが、果たしてアシストキングとなるのは誰なのか。こちらの争いも注目だ。

ミュラー個人で見ると、2018-19シーズンはややペースが落ちて9アシスト止まりだった。しかし、そのシーズンを除けば2016-17シーズン(12アシスト)、2017-18シーズン(14アシスト)、2019-20シーズン(21アシスト)、2020-21シーズン(18アシスト)と、安定して二桁アシストを決めている。

今季も二桁アシストに達するはずで、ミュラーは現世界最高のアシストマシーンと言っても大袈裟ではない。マンチェスター・シティMFケビン・デ・ブライネやパリ・サンジェルマンFWリオネル・メッシらの方が話題に上がる機会は多いが、ミュラーのチャンスメイク力も見逃せない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ