27分間で“5回”もデュエルに勝利 中盤の強度を高めギアを上げたリヴァプールMF

攻守に輝いたチェンバレン photo/Getty Images

ミルナーに代わって投入される

UEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第3節で、アトレティコ・マドリードと対戦して3-2で勝利したリヴァプール。途中出場となったアレックス・オックスレイド・チェンバレンは、僅差となったゲームで攻守においてチームの勝利に貢献した。

12分で2-0とリードしたリヴァプールだったが、前半のうちに追いつかれる。しかし10人となった相手に対して猛攻を仕掛けると、63分にチェンバレンが投入される。ジェイムズ・ミルナーと代わり中盤に入った同選手は、積極的なドリブルでチャンスメイクするだけでなく、守備時には身体を張った守備でスペイン王者からボールを奪取した。

彼の貢献は数字にも表れており、27分の出場ながらデュエル勝利数は「5」を記録。勝率も「83%」と強靭なフィジカルやスタミナを誇るアトレティコの選手たちに負けない強さを発揮した。また3度ドリブルで仕掛けたうちの2回は成功しており、守備ではタックルを3度記録した(データは『SofaScore』より)。

結果的にPKを獲得したリヴァプールが3-2と勝ち越しゴールを決めた。イエローカードをもらってしまったミルナーに代わって投入されたチェンバレン。ゴールやアシストはなかったものの、リヴァプールの中盤に強度を高めギアを一段上げた彼の貢献度は大きい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.263 監督で観る欧州蹴球

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ