出場停止の危機も乗り越え リヴァプール“不動のアンカー”が大きな壁に

得点を決め攻撃でもチームに貢献 photo/Getty Images

チームの2点目を挙げたファビーニョ

リヴァプールはリーズ・ユナイテッドと対戦。3-0と勝利し、開幕4戦無敗となった。この試合で1ゴールを記録し、攻守両面で輝きを放ったのがファビーニョだ。

今節も中盤のアンカーでスタメン出場を果たす。リーグ攻撃陣の前に何度も立ちふさがり、ピンチになるシーンを未然に防いだファビーニョ。50分にはCKからこぼれ球を拾ってゴールネットを揺らし、貴重な追加点を決めるなど、攻守において躍動した。

この日のファビーニョは90分間リーズの前に立ちふさがった。何本ものパスをカットし、フィジカル勝負でも負けずにボールを奪取。インターセプト回数は両クラブトップの「5」を記録する。2番目に多いカルヴィン・フィリップスが2回であり、リーズには大きな壁と感じたことだだろう。

ブラジルサッカー協会の出場停止要請が受理されていれば、ファビーニョは試合に出場することはできなかった。そうなれば、この活躍も見ることができなかっただろう。彼がリヴァプールにとって欠かせない存在であることを自身のプレイで証明したのだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.261 PSGは最強になれるのか

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ