ACLの勢力図が変わる アイェウもアルデルヴァイレルトも中東にやってきた

カタールへ向かうアルデルヴァイレルト photo/Getty Images

今夏も実力者が数名到着

アジアチャンピオンズリーグ(ACL)の勢力図はまた変わろうとしているのかもしれない。

一時は中国のクラブが資金力にモノ言わせてオスカルやフッキなど海外のタレントをかき集めていたが、今やその勢いは落ちた。

今夏の活動が目立つのはカタール、サウジアラビアのクラブだ。

先日にはカタールのアル・ドゥハイルがベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルトの獲得を発表。

同じカタールではシャビ・エルナンデスが指揮することでも有名なアル・サッドが、ガーナ代表でプレイしてきたFWアンドレ・アイェウの獲得を決めている。こちらも経験豊富な実力者であり、アル・サッドには元スペイン代表MFサンティ・カソルラもいる。

ガーナ代表でプレイしてきたアイェウ photo/Getty Images

ACLの戦いに新たな楽しみが

サウジアラビアではアル・ナスルがアルゼンチン人DFラミロ・フネス・モリを獲得。ビッグネームとは言えないが、エヴァートンなどでプレイしてきた選手だ。

さらにアル・アハリが中国でもプレイしていたブラジル人MFパウリーニョを獲得するなど、サウジアラビアの動きも活発だ。

もちろんヴィッセル神戸のアンドレス・イニエスタも世界から注目されており、今後はACLもまた違った形で注目を受けることになるかもしれない。

カタールやサウジアラビアのクラブが強化されるのはJリーグ勢にとってあまり嬉しいことではないが、そのぶんACLが面白くなるならばいいと前向きに考えることもできる。中国の独占状態が崩れ、タレントが分散し始めたアジアの戦いがどう変わっていくのか楽しみだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.261 PSGは最強になれるのか

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ